緊張してしまう面接を少しでも余裕を持てるようなアドバイス的なページ

Job chen

面接について

面接って何度受けても緊張してしまう物ですよね。緊張してしまうといつもの自分を出す事ができなくて、納得できないまま面接が終了してしまう事も結構あります。ましてや会社設立したら自分が面接をする側になりますから担当が緊張したら応募者も困ってしまいます。
私もそんなタイプです。
だったら緊張しないで面接を受ければいいのですが、それは難しいですよね。緊張しなくなるまで何度も面接を受けるのはイヤですしね。

他の方法としては、面接についてある程度の知識を付けておけばいいのではないでしょうか。
そうすれば、多少は心にゆとりが生まれてくるのではないかと思います。
そこで、面接の事を少し調べてみる事にしましょう。

会社に着いた時から面接は始まっている

  • 最低でも前日までには、面接の場所や時間、移動手段を確認しておきましょう
  • 遅刻をすることは絶対にダメです。10分前までには到着しておくようにしましょう
  • どうしても遅刻をしてしまう場合には、早めに連絡をしましょう
  • 面接会場にいる人全員面接官だと思って、挨拶を忘れないようにしましょう
  • 受付の時や、待合室での態度、ビジネスバッグの置き方 もみられていると考えておきましょう

第一印象が大切

ドアを開けて、相手に見られた瞬間に第一印象が決まります。


第一印象とは…

挨拶のやり方や、声の大きさ、明るさ

歩く姿や、姿勢、顔の表情

服装

このような事から雰囲気を読みとり、第一印象が決まってきます。
この第一印象で、あなたの事を色々想像しているのです。その中には当たっていない想像もあるのですが、第一印象である程度決まってしまっているので大切な事なのです。
さらには、この第一印象が最後まで払拭されないまま面接が終了してしまうのです。

その人の印象を決める物

印象を決めるグラフ

 

企業が求めている人材

面接の時は、面接官にどんな事を見られているのでしょうか?

  • 会社に入ったら何をする事ができるのか?
  • やる気に満ちあふれているかどうか
  • 会社の雰囲気になじむ事ができるのかどうか

よくある質問

  • 自分の長所・短所を述べて下さい
  • あなたの自慢はありますか?
  • 周りからはどのように見られていますか?
  • 今までの職歴を教えて下さい
  • なぜ弊社を選んだのですか?
  • 前の会社を辞めた理由はなんですか?
  • どのような仕事を希望していますか?
  • 会社についての感想
  • 世の中の出来事
  • 通勤の事や転勤について

面接の心得

面接をする時に緊張しないようにする為に

  • 声をだす練習をしておく
  • どんな質問があるか予想をしておく
  • 第一印象を良くするように準備しておく
  • 自分の事を客観的に考える
  • 自分の言葉で話をするようにする
  • ムリをしていい人だと見せないようにする
  • 参考書などを暗記しない
  • 面接は面接官との会話をする場所だと考えておきましょう

pickup

最終更新日:2018/5/23

▲ページトップ

Copyright (C) 2008 Job chen. All Rights Reserved.