転職の前の退職、円満に退職するためにはキチントした手続きが必要です

Job chen

退職のテクニック

辞めるタイミングをプライニング

よく「思い立ったが吉日」と言いますよね。

しかし、自分のスキルアップの為に転職をする場合や、自分の能力をもっと活かせるような所に転職をしようと考えている場合には、思い立った日が吉日だと言うことにはならない場合も結構あります。

仕事をするのは、生活をする為にですので、仕事をしながら次の仕事を探すと言うのは大変な事です。
単純に仕事を退職してから次の仕事を探してもいいのですが、それでは退職中に収入がゼロと言う事になってしまって生活が難しくなります。
また、退職をする時には、他の人に仕事を引継をしたりもしますし、次の会社への入社の準備も必要となってきます。
このように、退職と一言で言っても色々と手続きがありますので、しっかりと計画を立てて、長い目で考えないといけないのです。
そうする事で、自分にとっても、会社の人にとっても円満に退職する方法となるのです。

退職や転職は急がば回れと言った所でしょうね。

退職〜転職の計画を立てるポイント

退職をして、休職をする時に必要な流れをしっかりと自分で整理をして、それぞれをキチント段取りよく行動する事がスムーズな退職〜転職になります。
その為には、しっかりと計画をしておく必要があるのです。

退職をするには、どのくらいの時間が必要なのかをキチント把握をして、円滑に行動出来るようにしておきましょう

退職をするタイミングで損得も考える

絶対に今月に退職をしないといけない、今すぐに退職をしておかないといけないと言うような場合では無い時には、いつ退職をするのかと言うタイミングが難しいですよね。

退職をする時の流れなども円満かつ円滑な退職には必要な事なのですが、退職をする時期もしっかりと考える必要があります。
時期によっては、金銭的な差が出てくる事もあるからです。

今日か、明日で変わるような話ではなく、月単位などで考える必要がありますので、知識として知っていないと損をしてしまう可能性もあります。
現金がかかわってくる話ですので、大切ですよね。

始めに退職をする理由をハッキリとさせておく必要があります

1)自己都合で辞める
2)会社の早期退職希望者募集、退職奨励などに応じて、合意の上辞める
3)契約解除による解雇

雇用保険を受給する期間や、給付の日数がかなり変わる事ですので、会社側とキチント確認をしておく必要があります。

退職をする時期で気を付ける事

【退職金】

退職をする時期で大きく変わってきます。
早めに退職をしてしまうと、少しも貰えない場合もあったりもします。
この時期に退職をするとどのくらい貰う事ができるのかをしっかりと計算をしておいてください
また、長年勤めていたら、税の軽減措置が大きくもなります。

【社会保険】

入社をしてから5年、10年、20年と言うのは、社会保険の権利と保証が手厚くなる時期となります。
退職をしてから何らかの資格を取得したいと考えているなら、教育訓練給付金の受給があるかどうかを分ける、「雇用保険に3年以上加入」と言う条件を満たしているのを確認してから退職をしたほうが後で得をする事もあるのです。

【雇用保険】

雇用保険の基本手当を日額で算出する方法は、退職をする前日の6ヶ月の給与の総額を元にしています。
ですので、退職をする6ヶ月前の給与を頑張って上げておくようにしておけば、基本手当に反映されてきます。

今の会社にどのくらいの期間勤めていたかと言う、この勤続年数が少しの差しかなくても、退職金や、厚生年金、雇用保険の基本手当や、権利が結構差がついたりもしますので、退職をする前に意識をして、色々と調べたりしていたほうが良いかと思います。

退職をするなら前向きな理由で

誰でも仕事をしていれば、仕事を辞めたいと思う事はあると思います。
辞めたいと言うだけでスッキリとする人もいたりもします。

ですが、転職を本気で考えている場合なら、本当に退職をするのか、しない方がいいのか、退職をして自分はどうしたいのかなどをしっかりと考えないといけません。

転職をする事は当然リスクはあります。
退職をしたらその先どうなるのかは誰にも分かりません。また、転職に成功したとしても、今いる会社以上のメリットがあるのかどうかは実際に働いてみないと分からない事です。

そのようなリスクを持っていながらも、少しでも転職を成功させる為にもなぜ、退職をするのか、どうして、転職先がこの会社なのかを考える必要があるのです。
自分がやりたい事や、夢があっての転職なら厳しくても頑張る事が出来るかとも思います。

ですが、ただ今の会社がイヤだkらと言うような理由で退職をして転職をしたとしても、またすぐに新しい会社を退職してしまう可能性が高くなります。
どうして、今の会社がイヤなのかと言うような理由をハッキリと自分の中で整理しておかないといけないのです。

円満退職は重要

会社を退職すると言うのはなかなか良いづらい事ですよね。

どうして退職をするのか聴かれたら正直に言って良いのか?
誰にいつ話したらいいのか?
もし止められてしまったらどうしよう・・・

と、言うように、悩みは沢山出てきます。だからと言って、いきなり明日退職しますと言うのは非常識になります。一番迷惑なやり方で、マナー違反ともなります。

実を言うと、会社を退職する方法はとても重要な事なのです。

まず、退職の話を出す時には、仕事が忙しい時期は避けるようにします。
そして、まず始めに、直属の上司にだけ退職する話をします。
退職の理由も優柔不断な内容だったり、給料とか、職場の雰囲気などの不満を出すのではなく、自分の将来の目標とか、希望などをハッキリと伝えるようにします。

退職が決まってからでも上司や会社の指示には従うようにします。まだ会社の一員ですからね。
余計な事はしないようにします。

転職先が決まっている場合には、転職先の会社が今の会社に勤務状況や、勤務中の態度などを確認する為の連絡をする場合もありますので、何らかのトラブルが発生しないようにしておきましょう。

退職をしてから、変な噂が立つ様な事もありますので、気を付けて行動をするようにしましょう。
もしかしたら、会社の鉛筆を返し忘れただけで訴えられる場合もないとは言えませんので、気を付けるようにしましょう。

なぜ退職願いを出すのか

上司と話をして、退職の日にちが決まったら、やらなくてはいけない事があります。
それは退職願いを出す事です。

退職願いは実は退職の日が決まってから提出をするのです。

そう言われると、なんで退職の日が決まっているのに、退職願いを提出しないといけないのかと疑問に思いますよね。
実は、退職願いと言うのは、合意による労働契約の解約の申込みとなっていて、自己都合での退職の場合には基本的に提出をしないといけないのです。
誤解などがおきないように、退職日をちゃんと記入して、退職の理由としては、一身上の都合で大丈夫です。

よく、退職届けとか、辞表とかと言う言葉もあるのですが、これは使わないで下さい。
世間知らずだと思われてしまいます。

退職と転職先探しはどれが先なのか?

転職をする場合には、仕事をしながら次の仕事を探す方法と、退職をしてから次の仕事を探す方法の二通りがあると思います。

退職をしてから次の仕事を探す場合には、無職の時期があっても生活に困らない状況だという条件が必要となってきます。
また、退職をしてから、一度資格を取得してから次の仕事に就きたいと考えている人も退職をしてからの仕事探しになります。
また、健康状態が悪い場合には、それを完治するまでは次の仕事が探せませんので、仕事をしている時に次の仕事を探す事はありません。

退職をしてからの就職活動なら、時間にとらわれることなく、積極的に次の仕事を探す事ができますので、色々な予定を立てる事が可能になります。

しかし、今の仕事をしながら次の仕事を探さないといけない人も中にはいると思います。
家のローンがある、子供の養育費が必要などの、経済的な理由が一番ではないかと思います。
そのような場合には、退職をしてから求人活動をするよりも結構大変だと思います。
気力も体力も倍以上必要となってきます。
そのような場合には、しっかりと一つ一つの作業を確実にこなすようにして、ダラダラとする事は避けるようにしたい物です。

Favorite


高品質な医療用ウィッグ




Last update:2020/9/16

▲ページトップ

Copyright (C) 2008 Job chen. All Rights Reserved.